サッカー海外移籍情報を確認しよう!

サッカー海外移籍情報を確認しよう!

クラブチーム移籍にかかわる代理人達!

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在では、サッカーにおいて代理人の存在はとても大きなものだ。
 選手の希望を形にすればするほど、依頼が殺到する。
 それほどサッカービジネスにおいて、主軸を担う役割を行っているのだ。

 

 

 

 

 

 

ブンデスリーガの代理人

 

 

 

 ドイツには香川選手の代理人を務め、長谷部選手等をブンデスリーガに売り込んだ、
 トーマス・クロートという代理人が存在する。

 

 近年、ブンデスリーガに日本人選手が増えたのは彼のおかげと言っても過言ではない。
 日本とドイツの橋渡しを行い、過去から現在まで様々な選手をブンデスリーガに送り込んでいる。

 

 トーマス・クロートは「今冬にはもう1人か2人をブンデスリーガでプレーさせる。」
 と発言している為、動向が気になる所だ。

 

 

 

 

 

 

最高峰代理人の収入

 

 

 

 サッカー界で有名なジョルジュ・メンデスという代理人がいるが、
 ビッククラブに行きたいなら彼と契約をしろと言われるほどの人物だ。

 

 その為、海外のトッププレイヤーが彼と契約をしている。
 その中でも代表的な選手はCロナウドだ。

 

 ロナウドはメンデスを友人と称すほど、信頼を置いている。

 

 選手との信頼関係が一番大事だと公言しているメンデスだが、
 その気持ちがメンデスを人気代理人にした原動力かもしれない。

 

 そしてこのメンデスは年収が20億以上あるとも囁かれているが、
 実際のところは確認されていない。

 

 

 

 

 

 

 このように選手は様々な代理人と契約をして、移籍を行っている。
 中には選手の希望する移籍ができずに、クビになるケースもある為、
 かなりシビアな世界だと言えるだろう。

 

 

 

 

 

 海外ブックメーカーでは移籍市場が開幕すれば、
 注目選手の移籍オッズも発表される。

 

 ワールドカップブックメーカーの特化サイトだが、
 ここから確認してもらえればと、思う。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ